建設業許可に自信あり!千葉県初の行政書士法人あさひ法務

【千葉県】建設業許可|無料相談窓口|安心サポート

初回1時間相談無料!~お気軽にどうぞ~

0120-90-0862

建設業許可無料相談お申込み!

建設業許可

建設業許可が必要な工事を請け負ってはいませんか?!

投稿日:

営業停止処分や許可をスムーズに取れないケースも・・・
~許可を取得されていない建設業者のみなさんへ~

建設業許可が必要な工事をおこなっていないか、確認してみましょう!
建設業許可が必要となる工事とは・・・
建設業許可を持っていないと請け負えない工事です。

1件の工事請負金額が500万円(税込)以上の工事!!

※1件の工事請負金額が500万円(税込)未満の軽微な工事なら必要ありません。
※元請や注文者との間で交わす「工事請負契約書」や「注文書」の請負金額です。

「建築一式工事」の場合は、次の①か②いずれかに該当する工事となります。

①1件の工事請負金額が1,500万円(税込)以上の工事!!
②延べ面積150㎡以上の木造住宅工事!!

※建築一式工事とは、総合的な企画・指導・調整のもとに建築物を建設する工事です。
代表例は、住宅の新築工事であり、原則、元請として請け負った工事のみ該当します。

この他、発注者から直接請け負った1件の工事について、下請契約を締結して施工する場合もご注意ください。
次に該当する場合は、『特定建設業の許可』が必要となります。

下請代金の金額が4,000万円(税込)以上の工事!!
「建築一式工事」の場合は、6,000万円(税込)以上の工事!!
※元請負人が提供する資材の価格は含みません。

既に許可を取得されている場合でも、事業の拡大により請け負う工事の金額が大きくなっている場合など、特定建設業の許可が必要となっているケースもあります。

上記に該当する工事を許可なく請け負うことは、建設業法違反となり、元請や下請にまで処分が及ぶ可能性があります。

では、建設業許可が必要な状況であるとなった場合、次は許可を取るためにはどうしたらいいの?ということになるかと思います。許可を取得するには、いくつかの要件を満たし、裏付け資料を準備しなければなりません。許可を取得するまでに早くて約2ヶ月半位。現状と今後の事業展開を見極め、早めに準備することが大事です。

行政書士法人あさひ法務では、この申請のお手伝いをしています。ご不明な点やご心配なことがありましたら、いつでもお気軽にご連絡ください。

※何かお困り事がございましたら、いつでも気軽にご相談ください。
 行政書士法人あさひ法務 : 【柏事務所】04-7164-0638

-建設業許可

Copyright© 【千葉県】建設業許可|無料相談窓口|安心サポート , 2017 AllRights Reserved.