建設業許可に自信あり!千葉県初の行政書士法人あさひ法務

【千葉県】建設業許可|無料相談窓口|安心サポート

初回1時間相談無料!~お気軽にどうぞ~

0120-90-0862

建設業許可無料相談お申込み!

未分類

建設業者の技術者について、通報や監督処分が多発しています!

更新日:

~建設業許可をお持ちのみなさんへ~

建設業の許可を受けている業者は、施工する工事現場に、
配置技術者(主任技術者または監理技術者)を必ず置かなければなりません!
〇請負金額が大きくても、小さくても(請負金額に関係なく)
〇元請工事でも、下請工事でも(元請・下請に関わらず)

□主任技術者と監理技術者の違い

どの現場にも主任技術者を置かなければなりません。
次の場合は、主任技術者ではなく、監理技術者を置かなければなりません。
発注者から直接請け負った1件の工事で、
税込3,000万円以上を下請に出して施工する場合。

□主任技術者や監理技術者になれる人

『主任技術者』になれる人
①国家資格を持っている。
②10年以上の実務経験がある。
③高校の所定学科を卒業し、5年以上の実務経験もある。
④大学の所定学科を卒業し、3年以上の実務経験もある。
『監理技術者』になれる人
①国家資格を持っている。
②10年以上の実務経験があり、元請として4,500円以上の工事を監督した経験が2年
以上ある。
また、どちらにおいても雇用関係が必要となりますので、社会保険に加入している人
でなければなりません。
なお、専任技術者とは、営業所に専任に常駐する人となりますので、原則、工事現
場の配置技術者(主任技術者や監理技術者)にはなれませんので注意が必要です。

建設許可における技術者制度についてご不明なことがありましたら、
いつでもお気軽にお尋ね下さい。

行政書士法人 あさひ法務
 04-7164-0638

-未分類

Copyright© 【千葉県】建設業許可|無料相談窓口|安心サポート , 2017 AllRights Reserved.